定年退職後に再会した元彼女とテレビ電話セックス

今回の「実録!!熟年男女のテレホンセックス体験談」は、河内さん(65歳 男性 大阪府 不明)からの投稿です。

定年退職後の同窓会の場で、昔に交際をしていた元彼女の近況を耳にした河内さん。
自分も早くに妻を亡くしている状態だったため、彼女のことが無性に懐かしくなり電話をかけることにしました。
久しぶりの電話に驚いてた元彼女ですが、思った以上に話が盛り上がり、テレビ電話で会話をすることに。
テレビ電話で写った彼女の姿に懐かしさを感じていた河内さん。
二人の話題は次第に夫婦のセックス事情に展開していきます…。

実録!!熟年男女のテレホンセックス体験談
数十年ぶりに連絡をとった昔交際していた女性とテレビ電話エッチ

私の勤務していた会社の事業部では3年に一度ほど、OB・OGの同窓会が開催されています。

私が定年退職を迎えてから初めて参加した年に、若い頃に短期間ですが付き合った事のある彼女の動向を、同世代の女性から聞きました。

短期間ですが付き合っていた事を知っていた一人の女性から、こっそりとその彼女の電話番号を教えてもらいました。

OB・OG会は定年退職扱いとなる55歳まで会社に勤務していた人にだけ案内がされ、例えば結婚や育児のために若くして退職した女性等には案内はされません。

その彼女は、同じ事業部の他部署に勤務しており、30代で結婚を機に退職した女性です。

その女性の話では、彼女は幸せな結婚生活を送っていた様ですが、数年前に旦那さんを亡くされ、子供さんは独立して一人暮らしをしているとの事でした。

彼女の話題を期せずして聞いた事で、若い頃の思い出が蘇り、無性に懐かしく思いました。

気になっていた元彼女に電話をかけてみると…

彼女の事が懐かしく思い出されると、なぜか毎日彼女の事が気になって仕方なくなり、思い切って電話でもしようと思い始めました。

私も数年前に妻を亡くし、寂しかった事もありそんな思いに捕らわれたのでしょう。

そしてある夕方、思い切って彼女に電話を入れました。

名前を告げると、彼女は一瞬驚いたようで、「え~、あの**さん?!」と私の名前を反復しました。

そして30分ほど、それぞれの半生について語り合い、再度電話する事を約束し、その日は電話を終えました。

次回には、お互いテレビ電話で、どんな姿になっているかを見てみようと笑いながら話して、電話を切ったのです。

それから1週間後の夜に、彼女から電話があり、テレビ電話に切り替えて何十年ぶりかに彼女の姿を見ました。

彼女は私より2歳下で、先日還暦を迎えたばかりですが、そんな年齢とは思えぬほど若々しい印象でした。

彼女にその事を告げると、「もうおばあちゃんです!久しぶりに顔を見てもらうので、少し若作りに化粧しているからよ」と笑っていました。

昔の話に華を咲かせていると次第に話題が夫婦のセックス事情へ

暫く話していると、懐かしさとお互いに連れ合いを亡くした寂しさの話となりました。

そして過去の事になってしまっていますが、ちょっとエッチな夫婦のセックス事情へと話が進んでいきました。

そして、さらに若い頃に3回ほどですが交わしたまだ青い2人のセックスを想い起こし、そんな話に進展しました。

すると彼女は「すぐにでも会って、抱きしめてもらいたくなったわ」と少し顔を赤らめて呟きました。

「もう濡れてるの?」

敢えて私はみだらな言葉を投げかけて見ました。

すると彼女は、スカートの中に手を入れ、パンティーの上から自分のあそこをまさぐり始めました。

その姿を見て、若い頃の彼女の肉体がまぶたに浮かび、私も思わず少し頭をもたげた股間に手を伸ばしました。

やがて、お互いの自制心が完全に外れ、淫乱な言葉をお互いに投げかけ続けました。

初めてテレビ電話セックスを体験

次第に言葉にエスカレートし、いつしかお互いに下半身はむき出しとなり、彼女は花弁を撫で廻し、指を花芯に入れて喘ぎ声を上げつつ、身体をくねらせました。

そして「ああ~舐めてもらいたい!」とつぶやき、とろんとした眼差しで、勃起した私のものを見つめ、「すご~い!まだまだ元気ね!咥えてあげた~い」と少し甘えた雰囲気で呟き「んん~入れて~!」と叫んで自分の花弁を撫で、愛液にまみれた花弁を開いて、ピンク色の花芯をあらわに見せました。

その様子に私も一気に興奮度を増し、自分で自分のものを手コキし始めました。

お互いに、お互いの局部を眺めて次第に興奮度は高まりました。

彼女は、「今度は後ろから入れて~」と叫び、カメラにお尻を向け、花弁を手で開き、クリトリスを指で撫で廻し、喘ぎ続け、お尻を振りながら「早く!早く入れて~」と叫び、激しく花弁をくちゃくちゃに撫で、激しく喘ぎ声を上げてがっくりとフィニッシュを迎えました。

私もそれに合わせて発射しました。

久しぶりの発射の快楽が脳天に突き上げました。

初めてのテレホンセックス、テレビ電話セックスに、行為を終えたお互いは何となくバツが悪く、恥ずかしい想いを持ちました。

そして遠方で、すぐに会えないお互いですが、1か月後に会う約束をし、実際に何十年ぶりかにあった夜にベッドを共にし、老いらくのセックスを堪能しました。

河内さん、とても素晴らしい体験談の投稿ありがとうございました。
昔交際をしていた女性と年をとってから再会するという夢のようなシチュエーションですね。
若い頃とは違った、大人同士の楽しみ方ができるのも熟年男女の魅力です。
何歳になっても河内さんのように、人生を楽しみたいものです。