ツーショットダイヤルで50代熟年人妻とのテレホンセックスにはまってしまう

今回の「実録!!熟年男女のテレホンセックス体験談」は、ショウさん(58歳 男性 大阪府 会社員)からの投稿です。

妻との仲がうまくいかず、別々の寝室で寝るようになっていたショウさん。
そんな生活に寂しさを覚えていたショウさんは、出会い系サイトやライブチャット、ツーショットダイヤルと色々なサービスを利用して寂しさを紛らわせようとしました。
いくつか使ったサービスの中でもツーショットダイヤルとの相性が良かったショウさん。
ツーショットダイヤルで連絡先を交換した50代の人妻とのテレフォンセックスの様子を体験談として投稿して下さいました。

実録!!熟年男女のテレホンセックス体験談
50代人妻とのテレホンセックスにハマってしまう

50代後半になって、一人別室で寝る様になりました。

いびきが大きい、夜中に私が起きたりするので途中で目を覚ましてしまう。

理由はいろいろありましたが、旦那としては寂しさを感じます。

50代後半を過ぎれば、性欲も少なくなってくるのだろうなとも思っていましたが、私の場合はそれほどおさまりません。

でも妻は更年期でしたので、そんな気分にはなれなかったと思います。

若い時の悶々とした性欲では無いのですが、女性とエッチな時間を持ちたいとう気持ちは健在で、その機会がまるでないことにストレスを感じることも増えました。

出会い系サイトやライブチャットに挑戦

そんな寂しさからネットで出会い系に登録したのですが、思いの他に既婚者との不倫希望という熟女や人妻が多いことを知りました。

40代から60代でもアダルトな出会いを希望している人も多かったですし、まずはメールから希望する高齢の女性も多かったのです。

ライブチャットにも興味を持って、40代後半でややメイクのきつい、でも妖艶な女性ともライブ画面を通してのテレホンエッチを体験しましたが思ったより刺激的でした。

「ねえ・・・感じているんでしょう。あなたのくわえてあげる。思いっきり吸い込んであげる。」と声をあげながら淫乱に舌を出し、自分の巨乳を揉んで悶える熟女や人妻のエロいこと。

私は自分であっという間に逝ってしまいました。

でもライブチャットでは実際に肌を触れ合うことができません。

そして値段も高いしまず会えません。

また風俗ではこの様な背徳感を味わいながらの興奮が得られないのですね。

色っぽい熟女はサービス料金も高いですし時間を気にしなければいけないのが嫌でした。

ツーショットダイヤルで50代の人妻とテレフォンセックス

そしてネットでツーショットダイヤルに登録したり、出会い系で既婚者や45歳以上の人妻にメッセージを送ると、意外にテレホンセックスに応じてくれる熟女の人妻が多いことにびっくり。

ツーショットで知り合った顔出し無しのユリさんという50代の人妻さん、普通の専業主婦なんですが子供ができなかったので昼間は一人でテレビを見ているだけでつまらないということでした。

「僕とテレホンセックスしてみない?」

「えーツ。恥ずかしいけどちょっと興味あるねん。」

「そんならいくよ。ユリさんの乳首吸わせて。俺のモノはカチカチ。」

「あーん。なんか恥ずかしい。触ってみようかな?」

「ユリさんのそこ、もう濡れてるやん、パンテイしみついてるで・・・ちょっと触ってみよう。」

「いやーん。恥ずかしい。」

「アーツ。もうびちょびちょ。俺入れて思いきりピストンしたい。旦那さんが羨ましい。ユリさんの蜜壺を俺の欲棒でかき回すよ。」

「アーん。感じてきた。もっと何か言って。」

「ユリさん大好きだよ。はあはあ・・。」

ここまでくると後はよがり声と、激しい息遣いだけになります。

ユリさんは本気で興奮しているかわかりませんが、俺はたまらずオナニーをしてしまいます。

「ユリさんでオナニーしてるんだ。あーつ、あっ、ユリさんを抱きたい・・・」

「あーいっちゃう。いっちゃう。もっと舐めてー。」

こうして50代前半のユリさんにラインアドレスを教えてもらって、週に1回はテレホンセックスをする仲になりました。

いつかは会ってモノにしたくなってきます。

ツーショットダイヤルの楽しみ方

他人から見ていたら、アホらしいと思うと思いますが、AVで既に出来上がった映像を見るのではなくテレホンセックスをしながら、今現実に一人の熟女や人妻が悶えている。淫乱な姿でオナニーをしている。

それを想像して妄想することが相当刺激になるのです。

初めはツーショット越しの人妻が、ラインで言葉だけですが不倫を楽しんでくれている。

その感覚にゾクゾク来るものがあるのです。

旦那がいる人妻をこうして私の言葉で逝かせている。

その寝取りした気分で男としての自信が蘇り、最近は妻を求めてリアルなセックスも楽しむ様になりました。

妻はなんで急に私が求める様になったのかわからないでしょう。

でも少し肌が瑞々しくなって来た様な気がします。

人妻さんも旦那に抱かれているのかな?

そんな妄想で、俺の欲棒はますます元気になって行きました。

ショウさん、とても素晴らしい体験談の投稿ありがとうございました。
寂しさを紛らわせようと使い出したツーショットダイヤルですが、いい方向に作用しているようですね。
ショウさんが体験談で仰っていたように、ツーショットダイヤルでのテレフォンセックスは傍目では変な行動にうつるかもしれません。
ですが、役に入り込み恥ずかしさを捨て去ることで想像以上の快感を感じることが出来る行為です。
男は脳でセックスをすると言いますから、遅漏や射精障害、ED対策としてもオススメできると個人的には思っています。
まだ体験したことが無い方は是非挑戦して欲しいと思います。